①御購入頂いているお客さまと、ご検討のお客様へ
10/21(火)に10,000枚のウイルス対策マスクをリベリア、ギニア、コンゴに寄贈させて頂いたため、ご注文頂きましたお客さまへの在庫を御用意しておらず何か月もお待たせしてしまう状況となってしまいました。
これは発注が入る予測を誤った弊社の愚かさが原因で、お待たせしてしまう事になってしまいました。もちろんキャンセルはお受けいたします。誠に申し訳ございません。

現在、残業、休日出勤など増産し御注文頂きたい気持ちはございますが、現状、日本での感染者の報告はされておらず、お客さまにも冷静なご判断をして頂くとともに下記②③④⑤をご購読頂けたらと思います。

②危険ウイルスに分類されるウイルスでの試験は、弊社のマスクも試験を行っておりません。(一部、事実とは異なる誇大的な報道をされた点がありましたので、この場をお借りして弊社よりご報告させて頂きます。)

③マスクだけでは、感染(侵入)を完全に防ぐことはできません。
マスクをすることにより病原体などの付着などのリスクを下げる目的として御活用頂けたらと思います。またマスクと顔の間に隙間ができてしまう事により、有害物質を吸い込んでしまう(侵入する)事も考えられます。

④具体的なウイルス名を掲載できない理由
「物理的な性能」を記載する場合にあっても、「具体的なウイルスや菌の名称」を表示してしまうことにより医薬品的な効能・効果および性能の標榜と消費者の方に感染を完全に防ぐことができるかのような誤認を与えてしまう表示となりかねないため掲
載する事ができません。

⑤同様に4級アンモニウム塩を染み込ませる技術の紹介ページを掲載していることにより、情報が独り歩きし消費者の方に感染を完全に防ぐことができるような誤解を与えかねないと判断し、ページ自体を削除させて頂きました。ご質問等ございました
ら、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

上記②③④⑤を西アフリカ政府にも御理解頂き2次感染リスクが少しでも減ればと言う、やむを得ない判断に対し、弊社も一刻も早くお届けするべきと考え、一番早い手段として無償での寄贈と言う行動を取らせて頂きました。

今後も弊社のマスクをリスクを最小限に減らす目的として御指名頂ける場合は、一番良い方法を選択し迅速な行動をとる所存でございます。恐れ入りますが、ご理解とご検討のほど、宜しくお願い致します。


株式会社くればぁ
専務取締役  中河原 毅